沿革

1972年12月 移動無線機器及び通信機器の製造・保守サービス、機器に関する工事の設計、請負、機器及びその部品の販売等に関する業務を目的とし、商号を「日本電気移動無線サービス株式会社」として資本金2,000万円で東京都港区に設立
東京、大阪地区のポケットベルの保守サービス開始
公共モバイル事業として、列車無線保守サービスを開始
1973年5月 移動通信機器の現地工事、現地調整などのシステムエンジニアリング業務及び保守サービスを開始
1973年6月 移動通信機器等の販売を開始
1979年12月 東京地区の公衆自動車電話保守サービスを開始
1981年6月 モバイルソフトウェア開発事業として、通信機器のソフトウェア開発業務を開始
1982年3月 建設大臣より「一般電気通信工事業」の認可を取得
1987年5月 本社を神奈川県横浜市港北区に移転
1990年4月 商号を「日本電気移動通信株式会社」に変更
1992年4月 エヌ・ティ・ティ中央移動通信(株)(当時)と携帯電話等の代理店契約を締結し、携帯電話等の販売開始
1992年11月 東京都豊島区に西池袋店を開店し携帯電話等の店舗販売を開始
1994年3月 全国9地区に携帯電話等の店舗網を確立
2001年7月 商号を「NECモバイリング株式会社」に変更
2002年2月 東京証券取引所市場第二部に上場
2003年3月 東京証券取引所市場第一部に上場
2003年6月 NECカスタマックス(株)(当時)より携帯電話の販売事業を譲受け
2004年4月 中華人民共和国に上海慕百霖通信有限公司設立
2005年2月 個人情報保護体制に対する認証制度であるプライバシーマークの認証取得
2006年4月 モバイルソフトウェア開発事業を日本電気通信システム(株)へ事業譲渡
2007年4月 公共モバイル事業をNECネットワーク・センサ(株)へ事業譲渡
2010年3月 マツハヤ・コーポレーション株式会社の全株式を取得し、同社を子会社化
2011年2月 本社を東京都千代田区に移転
2012年10月 南国テレホン株式会社の全株式を取得し、同社を子会社化
2013年4月 移動通信基地局関連事業をNECネッツエスアイ(株)へ承継
2013年6月 丸紅株式会社およびその完全子会社であるMXホールディングス株式会社が親会社となる
2013年8月 商号を「MXモバイリング株式会社」に変更
2013年9月 上場廃止
2014年2月 丸紅テレコム株式会社の携帯電話販売関連事業を承継し、丸紅グループ内の販売代理店事業をMXモバイリングに集約
2015年3月 修理・保守サービス事業をモバイルケアテクノロジーズ株式会社として分社
2015年4月 丸紅テレコム株式会社と統合
※丸紅テレコムの沿革はこちら
2016年1月 本社を東京都江東区に移転
2017年9月 丸紅株式会社が親会社となる

40年史~最近10年の歩み

ページの先頭へ戻る