MX Mobiling
5 Points

1972年の設立以来、時代や社会の変化に応じて成長し続けてきた当社。
その歴史の中で培ってきた強みや風土、
そこから生まれる新たなフィールドや制度など、
現在の当社を知る5つのポイントを紹介します。

01進化し続けるコミュニケーションを
支え続ける会社

1972年、ポケットベルの保守サービス会社としてNECによって設立された当社。その後、携帯電話のソフト開発や基地局システムの設計、全国に先駆けたドコモショップの設立など、人々の暮らしやビジネス、通信業界の発展に貢献し続けてきました。2014年には丸紅グループの丸紅テレコムからショップ事業を継承し、業界におけるトップグループに位置付けられるように。さらに、法人ソリューションサービスの強化など、独自のビジネスモデルを展開し、進化し続ける人々のコミュニケーションを支え続けている会社です。

02販売台数、店舗数 業界トップクラス。
通信事業者の信頼も厚い。

当社が全国で展開するキャリアショップは400店舗以上。とくに、ドコモショップに関しては、1992年にドコモショップ第1号店を西池袋に設立して以来、店舗拡大に積極的に取り組み続け、現在は店舗数、販売台数ともに業界トップクラスを誇ります。
また、当社の運営するキャリアショップの約半分は直営店。直接雇用するスタッフが店舗運営を行うことで、より細やかなお店づくりが可能です。お客様の生の声を聞ける存在として、通信事業者からも厚い信頼を得ています。

03“お客さま応対力日本一”
のスタッフも育つ環境

全国のショップスタッフを対象に、接客力や販売力の向上を目的としたコンテストが毎年開催されています。このコンテストでは、携帯電話やサービスに関する正確な知識に加え、お客さまのご要望に応じた最適なサービス提案など、日頃の応対を披露します。当社からも各地域で活躍するスタッフが参加し、ドコモ、auともに多数のグランプリを輩出しています。
業界内屈指の質の高いサービス提供は、最大の強みを“人”と掲げる、当社ならではのポイントです。

04社員一人ひとりの
キャリアに適した教育研修

入社前から社会人の基礎を養う動画研修を実施。新入社員研修では社会人としての基礎や仕事に取り組む姿勢から学びます。また、配属後はメンター(教育担当者)がつき、新人スタッフが早期にひとり立ちできる仕組みを用意しています。さらに、日頃から個人のスキルを向上できるよう、タブレットを一人に一台配備し、自己学習や情報共有ができる環境も整えています。2年目以降は、販売力やマネジメント能力の強化、店舗責任者としてのスキル習得など、一人ひとりのキャリアに合った教育研修を用意しています。

05社員のアイデアで
新たな事業が生まれていく

当社には、年次や職歴に関係なく、アイデアを発信できる環境があります。たとえば、新規事業アイデアコンテスト「MXチャレンジ」。全社員を対象に通年で募集し、優れた事業アイデアやビジネスモデルを表彰する仕組みです。しかも、最優秀賞である「新規事業賞」を受賞した社員は自ら当事者となり、当社の新規事業として挑戦する権利を得ることもできます。当社ならではの商材であるスマホやタブレット、またキャリアショップという場所を活かし、新たな事業が生まれる日もそう遠くありません。