法人営業職

お客さまの困っていることを
解決できたときが一番うれしい。

法人事業第一部

広瀬 玲奈

HIROSE REINA

2016年 入社

今後一緒に働く仲間として
真摯に向き合ってくれた面接。

大学時代は文学部に所属し、日本の近代文学について学びました。アルバイト先はパン屋やレストラン。ここで接客を経験したことが、営業の仕事に興味を持つきっかけになりました。その中でも形が決まってないものを扱う業界や、営業の介在価値の大きな業界に魅力を感じ、通信業界の他には不動産や保険、IT業界を見て回りました。さらに、就職活動を進めていく中で、「企業をお客様とする法人営業は仕事の規模ややりがいが大きく、かつ、自分に不足している調整能力やチームを動かす力も身につくのでは?」と思い、法人営業職を志すように。ちなみに、当社のような代理店の存在を知ったときは、「通信機器だけでなく、周辺機器からソリューションまで幅広く提案できる営業スタイルは、商社に近い」と感じましたね。最終的に入社の決め手となったのは、面接でお会いした先輩社員の方々の熱量です。「面接官と学生」というより、「今後一緒に働く仲間」として真摯に向き合ってくださり、大きな安心感を得ることができました。入社後は、まず、豊洲本社の営業部門に配属。1年目は覚えることが多く、決して楽ではありませんでしたが、同じ部署の先輩はもちろん、他部署の方々やお客様からも教わりながら夢中で駆け抜けました。とにかくフットワークの軽さは心がけ、メールや電話はすぐ折り返し、お客様先にも頻繁に足を運びました。

お客さまが困っていることを
柔軟に解決できる対応力。

2年目からは現在の恵比寿法人拠点へ。拠点が変われば、お客様も営業スタイルも変わります。とくに、私のいる恵比寿法人拠点は、お客様の種類規模も業種も多種多様。ご相談内容もじつに様々です。フィーチャーフォンからスマートフォンへの乗り換えに悩んでいるお客様もいれば、常に新しい機種を発売日当日に求めるIT業界のお客様もいます。そうした中、印象に残っているのは、当社ならではの対応力を発揮できた案件です。そのお客様はもともとスマートフォンをご利用のお客様でしたが、足繁く通ってヒアリングを重ねていると、「内線が使いづらい」という不満を抱えていることがわかりました。そこで、本社の支援部隊とも相談し、スマートフォンを活用した内線サービスをご提案。すると、「まさに、これだ」と喜んでいただくことができたのです。営業として、ご提案がピタッとはまったこともうれしかったですが、それ以上にお客様の困っていることを解決するご提案ができ、お客さまが喜んでくれたことがうれしかったですね。当社には、「携帯電話からコピー機、冷蔵庫まで提案できる」という言葉もありますが、そのくらいお客様が困っていることを柔軟に解決できる対応力があると思います。お客さま1社1社との距離も近く、小回りも効く。こうした環境は、営業にとって本当に心強く感じます。

法人営業の仕事は
男女関係なく活躍することができる。

就職活動中の学生の皆さんの中には、「法人営業職と聞くと、男性社員が多いのでは?」と思う方もいるかもしれません。しかし、当社において、男女はまったく関係ないと思います。むしろ、コミュニケーション能力や第一印象の良さを考えたら、女性のほうが向いているかもしれません。実際、私のいる法人拠点でも、約3分の1は女性社員です。女性は周囲のサポートを活用するのが上手なため、当社のように営業の支援体制やチームで協力し合う環境が整っている会社だと力を発揮しやすいのではないでしょうか。とはいえ、まだまだ私たちの働き方もより良くできるはずです。たとえば、私たち自身がモバイルデバイスやグループウェアをもっと駆使することで、より時間や場所を選ばずに働けるようになってきています。そうして会社全体の働き方を進化させたいですし、私もそのお手伝いがしたいですね。さらに、自分たちで実践した働き方をワークモデルとして、お客様により良い働き方をご提案することが、今後の大きな目標です。